NPOフレンドシップキャンプスタッフブログ

特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のスタッフブログです。フレンドシップキャンプのこと、わんぱくKIDSのこと、その他NPOの活動のことなどを書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。障がい者リーダーのキャンプネーム ゆっぴぃ (森 優衣)です。

今回は、7月18日(土)に実施された、第8回 フレンドシップキャンプのリーダートレーニングの様子をお伝えします。

  (サブ担当で、障がい者リーダー キャンプネーム 師匠 (鈴木克弥) も取材しました)



この日は曇が多くあいにくのお天気でしたが会場の「東京YMCA東陽町ウエルネスセンター」にはたくさんのリーダー、スタッフが集まりました。

今回はセンター内のカフェテリアの一角をお借りしての開催だったので、いつもと違う雰囲気でのリーダートレーニングとなりました。

14時ごろからは各ユニットで名札作りが行われました。みんなで楽しく話しながら制作していました。キャンプがいよいよ近づいてきたなー。という感じです。


150718 1 image1

↑名札作りの様子

15時になったのでリーダートレーニングが始まりました。
まずは、みんなでキャンプソング♫
「ほほえむそんぐ」を楽しく歌いました。

150718 2image2





続いてKYT(危険予知トレーニング)
ユニットごとに分かれてイラストを見ながら危険な箇所などあるかなどを考えました。
今回のイラストはこちら!


150718 4image4




私たち障がい者リーダーも一緒に考えました。
・物が散乱している
・リーダーの人数が少ない
などの意見が出ました。

皆さんはこのイラストを見て、危険な箇所を見つけられましたか?
よければコメントをしてみてください!

続いてロジスティックスチーフの プログラムスタッフ ピカ子からキャンプ中に使用する備品についてのお話がありました。準備から片付けまでが1つのプログラムなので、みんなが気持ちよくプログラムを楽しめるよう、備品1つひとつを大切に使いましょう!というお話がありました。

150718 3image3


説明をするピカ子

その後は各ユニットごとに「ユニット会」を行いました。先週に引き続き、本キャンプでのプログラム計画を進めプログラムシートという資料にまとめたり、ケースワークや個別理解、階段を使用してのバス昇降を想定した介助の練習などを行っていました。
個別理解では、グループリーダー(GL)が障がいメンバーの家庭訪問を行い、そこで確認したことなどを男女に分かれてユニットリーダー(UL)と共有していました。
フレンドシップキャンプでは、このような場を設けることで、メンバーそれぞれの状況を各ユニットのリーダー共通理解し、安全に、安心してキャンプ生活を送れるようにしています。

会場の外では、晩餐会の看板作りが行われていました。スタッフのみなさん暑い中、がんばってます!


150718 03image3



150718 04image4






最後に 実行委員長 の ほりえから挨拶
本番のキャンプが近づいてきました。
もう一度、初心に戻り気を引き締めて頑張りましょう!
と言葉を頂き、終了しました。

150718 5image5




次回のリーダートレーニングは、7月25日(土)15時より東京YMCA山手コミュニティーセンターで行われます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://npofc.blog33.fc2.com/tb.php/594-9e3eb1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。