NPOフレンドシップキャンプスタッフブログ

特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のスタッフブログです。フレンドシップキャンプのこと、わんぱくKIDSのこと、その他NPOの活動のことなどを書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます!
NPO法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のぽん太です。

さて、今日は、

「Panasonic NPOサポート・インターンプロジェクト2009 」

の最終報告会の振り返りです。

nposip-main_convert_20090514184717.gif


今回は最終回

【番外編】


です。


このネタに飽きているというかたは今日がラストですので、ご辛抱ください(苦笑)


前回も、前々回も書きましたが、あくまでも、

ブログの読者の皆様にむけて・・・

というより、自分たちが実施したことに対する

「記録」

のような性格になっています。

そのへんをご了承のうえ、お付き合いください。
(今回もわりと雑多に長いので、あまり興味のない方はパスしてくださいね~(^冊^;)

もちろん自尊心や自己顕示欲で書くわけでもアリマセンのであしからず(汗)

他の参加団体の方を尊重していないというわけでもまったくありませんので、
どうか、お気を悪くされないでください。。




まず前回、前々回のおさらいです。

私たちNPOフレンドシップキャンプはおかげさまで報告会にて優勝することができたわけですが、

その要因は、2つ。

1、ねっきーのがんばり

2、「他の参加団体が、年末を控え、プレゼンの準備以外の本業で忙しく活動しているときに、
  比較的に一年の中でゆとりが多い期間である、私たちが相対的に優勝できた」
 ⇒ プレゼンの準備に集中することができた



の2つが大きいのではないかと考えました。


しかしここまで、なぜこのプレゼンに私たちが賭けていたのか?

今日はそのあたりに少しだけ触れたいと思います。




既出のとおり、計画段階から、私とねっきーはこのプレゼンにおいて、

 「勝ちにいく!」
 ⇒ 上位3団体には入る!


という、エラソーなデッッッッカイ、目的・目標をたてていました。

「これはなにも単に賞金がほしいから」

という動機ではありませんでした。
(モチロン、欲しくないわけではないですが・・笑)



私たちが上を目指した理由。


それは、私たち、NPOフレンドシップキャンプの目的のひとつが、


「ボランティアの育成」


であるからです。



そしてさらにツッコむと、


1、NPO・FC初のインターン生である、ねっきーに成功体験をしてもらいたかった。

2、現在、FCに関わっているボランティアにむかって、間接的にエールを送りたかった。



この2つが大きな理由です。




まずは1について。


1、NPO・FC初のインターン生である、ねっきーに成功体験をしてもらいたかった


実は恥や外聞を捨てて、打ち明けると、

今回のこのプロジェクトで、参加NPO15団体がインターン生を募ったワケですが、

当初、他の団体が続々とインターン生の面接を行い、決定しているのに対し、

私たちNPO・FCには応募者すらゼロ。。。

という状況でした。



このことで私たちは、悔しさや、無力さを痛感したばかりでなく、

インターンをコーディネートしていただいている、NPOサポートセンターの方たちにも、

申し訳ないキモチでいっぱいだったワケです。


そんな日々が何日も続き、いよいよ受け入れるインターン生が決まっていない団体は、NPO・FCだけとなりました。


正直なところ、これ以上迷惑をかけたくなかったので、

プロジェクトの辞退を申し入れようかと思案していたとき、



応募してくれたのが、ねっきーでした。




あえて自嘲気味にいうと、


こんな売れ残りのNPOを選んでくれた、ねっきーのためにも、

どうしても勝ちたかった。
自分の選択は間違えではなかったと思ってもらいたかった。
成功体験をしてほしかった。



というのがデッッッカイ目標に挑んだ理由のひとつです。


ねっきー自身は、そんなことをあまり知らずに、半年間、本当にがんばってくれました。


ねっきーは素直で優秀な好青年です
(基本的には・・笑)


今回の経験が、ねっきーにとってなにか少しでもプラスになり、

理念である、「自立型共生社会の実現」に向けた、リーダーとして活躍してくれることを心より願っています。




そして2つめの、

2、現在、FCに関わっているボランティアにむかって、間接的にエールを送りたかった。

についてです。


NPO・FCにはねっきーと同じように、優秀で素敵なボランティアたちがいっぱい集まっています。

そんな中、ボランティアたちには、

 ・ 夢を追い求め、海外にチャレンジする人
 ・ 教員採用試験で挫折を味わう人
 ・ 学生から新たに社会人として出発をする人
 ・ 不況下の中、就職活動に苦しむ人


と様々な人がいます。

そこで、

ねっきーと私が、がんばり、実績を残すことで、

そんなボランティアたちに、自信をもってもらいたかった。



フレンドシップキャンプや、わんぱくKIDSに関わってくれているボランティアたちが、

「ああ~ボランティアってバイトや勉強では体験できないことが身につくんだな~」
「やっててヨカッタなぁ~」

と感じてもらいたかった。




そして、


「キャンプとプレゼン」


全く違うことのようですが、やっていることの根本は同じです。


そのことから、大きく広げて考えると、


内外に対して、FCのボランティア育成の手法が、そこまでズレてはいないものであることを証明したかった


ということもあります。


ですから、優勝が決まった瞬間は、うれしいというよりも、ホッとした気持ちでした。




まあ、あまり言うと、それこそ内外で波紋を広げそうなので、これぐらいにしておきますが(苦笑)

とにもかくにも、

今回のプロジェクトは、私たちNPO・FC自体にも、

様々な、

「知識・技術・経験・人脈」

を与えてくれました。


ここに関係して頂いた、全ての人に感謝を申し上げるとともに、

今後プロジェクトの優勝団体として、恥ずかしくない活動をしなくては!

という責任を感じています。


それでは、3回にわけて長くなりましたが、

これにて、Panasonic NPOサポート・インターンプロジェクト2009

の振り返りはおしまいです!


次回からはもうちょっと、気軽で短くいきますので(笑)

これからもぜひお付き合いください!!


それでは!!!



DSC_0202.jpg
▲ ねっきープレゼン中! 名場面!


dsc_0.jpg
▲ 最後にプロジェクト参加団体で記念撮影!みなさん本当にありがとうございました!



最終報告会概要(pdf)
http://www.npo-sc.org/PDFs/nposip-houkokukai.pdf


Panasonic NPOサポート・インターンプロジェクト2009
http://www.npo-sc.org/content/modules/nposipc/index.php?content_id=2


NPOサポートセンター
(プロジェクトの主催団体です)
http://www.npo-sc.org/


パナソニックの企業市民活動レポートページ
(プロジェクトの協賛団体です)
http://panasonic.co.jp/cca/



今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます!


-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)
ぽん太
(社団法人日本キャンプ協会認定)
キャンプディレクター
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc@central-e.co.jp
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://npofc.blog33.fc2.com/tb.php/312-3b96f67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。