NPOフレンドシップキャンプスタッフブログ

特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のスタッフブログです。フレンドシップキャンプのこと、わんぱくKIDSのこと、その他NPOの活動のことなどを書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは!
今回のスタッフブログは、障がい者リーダーの師匠(鈴木克弥)が9月27日(日)に筑波大学附属桐が丘特別支援学校にて行われた第39回フレンドシップキャンプ最後の公式行事「思い出会・リーダー修了式」の様子をご紹介します。
今回はサブ担当として同じく障がい者リーダーの古山彩花さん(嵐)と森優衣さん(ゆっぴぃ)も記事の執筆に携わり3人で協力してまとめました。

思い出会には、
①キャンプの仲間との再会の場(みんなでキャンプの5日間を振り返り、キャンプで築いた絆を確かめ合う)
②保護者の方にキャンプ中のメンバーの様子等を正式に お伝えする場 という2つの目的があります。

この日は10時頃から参加者の受付が開始され、メンバーのみんなが続々と会場に集まってきました。みんなおはよう(^-^)/
150927 image1

▲受付を済ませてユニットのみんなのところにLet's Go‼︎




150927 image2

▲入口付近にはキャンプ中にメンバーのみんなが書いてくれた「星空メッセージ」と思い出のキャンプソングの歌詞も掲示しました!
メンバーのみんなはこの日も朝から元気いっぱい!約2ヶ月ぶりのメンバー・リーダー・スタッフとの再会をとても嬉しそうにしていました。


150927 image3

▲みんなで円を作って、とっても楽しそうな高校生・BINGOユニットのみんな



11時から、アシスタントプログラムチーフサンタの司会で思い出会がスタートしました。
まずはプログラムスタッフのピカ子とG.G.のリードでキャンプソングを2曲歌いました。
1曲目は「あしたははれる」2曲目はプログラムスタッフのべにぃが作ってくれた「アドベンチャー〜39thFC替え歌バージョン」でした!


150927 image4

▲キャンプソングをリードしているピカ子とG.G.



キャンプソングを歌って本キャンプの雰囲気を思い出してきたところで実行委員長のほりえから挨拶とジュニアボランティアリーダー、そして私達、障がい者リーダーの紹介がありました。その中で今回、私達障がい者リーダーがNPO・FCボランティアとして実行委員長のほりえと共に記事の執筆や編集を担当したNPO・FC会報「I'm your friend vol.8」が保護者の方に配布・紹介されました。


150927 image5
150927 image6


▲今年度の会報。表紙と障がい者リーダーの担当ページ


この会報は今年のキャンプ参加者の方へ思い出会で配布した他、NPO・FCの賛助会員制度「FCサポーターズクラブ」の会員の方々に送付しています。
会報と併せてほりえからFCサポーターズクラブの紹介がありました。



150927 image7

▲会報の紹介をしている実行委員長のほりえと障がい者リーダー


そして、プログラムディレクターのたろうちゃんからのお話ではこの会報を見ながら本キャンプ5日間の振り返りをしました。

150927 image8

▲お話をしているたろうちゃん


たろうちゃんからの報告に続いて、各ユニットのユニットチーフから保護者の方々へスライドを使って本キャンプの報告がありました。
150927 image9



▲報告をしている小学生・なごみユニット ユニットチーフの、こま
メンバーのみんなも本キャンプで経験してきたことを思い出しながら楽しそうに見ている様子でした。


全体報告終了後、保護者の方々は別室へ移動し保護者説明会が行われました。

保護者説明会では、まずユニットチーフから改めて全体的な振り返りがあった後、各グループのグループリーダーから具体的な振り返りが行われていました。
笑顔が見られて和やかな雰囲気でした♪


150927 image10

▲保護者説明会の様子

その頃、メンバーのみんなはジュニアボランティアリーダーのみんなによる出し物を楽しんでいました。




ジュニアボランティアリーダーは、今年のキャンプに参加した中学3年生~高校3年生のメンバーの中から希望者に、キャンプのプログラム運営の一部を体験してもらうという新しい試みです。今年は6名のメンバーが体験してくれました。
ジュニアボランティアリーダーのみんなは、キャンプ4日目に、メンバーのみんなに「キャンプで美味しかったごはん」や「好きなキャンプソング」などのアンケートを取り、その結果をスライドショーを使ってランキング形式で発表したり、思い出の写真を映し出して紹介したり、この日配布された「思い出文集」の一部のページを担当し、思い出写真とアンケートの結果をまとめて文集に綴ってくれました。


150927 image11

▲出し物をしているジュニアボランティアリーダーのみんな


その後はユニットタイム!各ユニットごとに分かれてキャンプソングを歌ったり、ゲームをしてそれぞれ楽しんでいました。



150928 ほらちょんimage8

▲小学生・なごみユニットでは、リーダーがキャンプソングの歌詞を棒読みして何の歌なのか当てる「キャンプソング当てクイズ」をしていました!
その後、その歌をみんなで楽しそうに歌っていました!




150927 image12

▲中学生・チャリダーユニットでは、リーダーが出す特徴・好きなものなどのヒントを聞いてどのリーダーのことなのかを当てる「リーダー当てクイズ」をしていました。




151001びんご訂正image1


▲高校生・BINGOユニットは「思い出ジェスチャーゲーム」をしていました。
リーダーがキャンプでの思い出のシーンをジェスチャーで表現しています!メンバーのみんなは分かるかな?




楽しい時間はあっという間にすぎてしまうもの…ユニットタイム終了後、各ユニットで流れ解散をして第39回フレンドシップキャンプの「思い出会」は無事に終了しました。
メンバー・保護者の皆様、ご参加いただきありがとうございました。


150928 さよならimage9

▲最後はリーダーがメンバーを玄関先までお見送り。別れが名残惜しい…また会おうね!


そして思い出会終了後、NPO・FCの大野理事長(ゾフィ)よりジュニアボランティアリーダーのみんなに「ボランティア修了証」が授与されました。


150927 image13


▲修了証を受け取ったジュニアボランティアリーダーのみんな お疲れ様でした!




メンバーのみんなが帰った後もリーダー・スタッフのみんなの1日はまだまだ続きます。
キャンプではお馴染みの「いただきますのうた」「ごちそうさまのうた」を歌って各ユニットごとに昼食を食べた後、午後からはプログラムチーフでにーずの司会で「リーダー修了式」を行いました。

150927 image14


▲リーダー修了式では、まず実行委員長のほりえより5月から毎週行ってきたリーダートレーニングにおいて、一定の研修を終えて、キャンプに貢献したことを証明する「ボランティア修了証」がリーダー全員に授与されました。
その後、リーダー全員から今年のキャンプを振り返り1人1分間のスピーチをしました。
私達、障がい者リーダーや今までリーダーたちをリードしてきてくれた各ユニットのユニットスタッフのみんなもスピーチをしました。


150927 image15



▲スピーチをしている障がい者リーダーのゆっぴぃ

みんなのスピーチでは、半年間ともに頑張ってきた仲間への感謝の言葉やキャンプで成長することができた!また来年もキャンプに参加したい!などそれぞれのキャンプに対する熱い想いをたくさん聞くことができ、とても和やかな時間になりました。そして改めてこの半年間の活動を通してたくさんのステキな「友情」が生まれていたんだなと感じることができてとても嬉しくなりました。


その後は少し休憩を挟んで、プログラムディレクターのたろうちゃんからのアイスブレイクがありました。

150927 image16




▲アイスブレイクを行っているたろうちゃん


そして実行委員長のほりえよりお話がありました。そこでは、この半年間ボランティアスタッフの代表としてみんなをリードしてきてくれたプログラムチーフのでにーずとアシスタントプログラムチーフのサンタへ感謝の気持ちを込めてプレゼントが渡されました。

150927 image20

▲プレゼントを受け取ったサンタ
ありがとう!そしてお疲れ様でした!



その後、2人からも一言スピーチをしてをもらいました。この企画はサプライズで行われたため、サンタは「お話の内容を考えていなかった…」と少し戸惑っていましたが、2人ともとても喜んくれました。


リーダー修了式もいよいよ終盤となりました。今まで「FCの歌のお兄さん・お姉さん」としてみんなと一緒にたくさんキャンプソングを歌って盛り上げてくれたプログラムスタッフのピカ子とG.G.が再び登場!
今年のFCはこれで終わってしまうけれど、またいつかキャンプで逢えたらいいな!という気持ちを込めて、2人のリードで今年のラストキャンプソング「キャンプで逢いましょう」を歌いました。

150927 image22


▲リーダー・スタッフ全員で最後の大合唱!
楽しかったキャンプのことを思い出しながらみんなで歌いました。



そして最後にみんなで円を作ってFC恒例の「チクサクコール」を行って、第39回フレンドシップキャンプ最後の公式行事「思い出会・リーダー修了式」の全日程を無事に終えることができました。皆さんお疲れ様でした!


150927 image23

▲最後はみんなで元気に大きな声で「チクサクコ〜〜ル‼︎」

その後、1日お借りしていた会場をきれいにして、この日は終了しました。
場所を貸してくださった桐が丘特別支援学校の関係者の皆様、ありがとうございました。

さて、今回で第39回フレンドシップキャンプに関する全てのブログ記事がUPされました。
5月23日(土)のリーダートレーニング開始から約半年間、3人の障がい者リーダー、ゆっぴぃ、嵐、師匠が交替でこのスタッフブログを書いてきましたが、私たちが担当するのは今回が最後となりました。楽しんでいただけたでしょうか?
フレンドシップキャンプは来年40周年を迎えます。引き続きご支援いただけたら幸いです。

最後に、私達からこの半年間フレンドシップキャンプスタッフブログを読んでいただいた皆様へのメッセージを一言ずつ掲載します。


半年間、ありがとうございました。皆さんにFCという活動をたくさんの方に知ってもらえたら。と思いながら書かせていただきました。今年もたくさんのステキな仲間と思い出に残るキャンプができました。ありがとうございました。これからも何らかの形でFCに関わっていきたいと思っています。
森優衣(ゆっぴぃ)

半年間、ブログを読んで頂いてありがとうございました!
「読んでくれている皆さんに分かりやすいブログ」を目指しましたが、どうだったでしょうか?

今年一緒にキャンプを作った仲間のみんな、ありがとう♪
とっても幸せでした!
古山彩花(嵐)

このブログを通して、ひとりでも多くの方がフレンドシップキャンプに興味を持ってくださっていたら嬉しいです。
そして、キャンプ経験者の方々が「FC懐かしい」と思い出してくださる機会になっていたらいいなと思っています。
半年間、スタッフブログをお読みいただき本当にありがとうございました!
鈴木克弥(師匠)




150927 image24

▲39th FC障がい者リーダー
左から:ゆっぴぃ・嵐・師匠

それではみなさん、またいつ~かキャ~ンプで~…逢いましょう~♪

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。