NPOフレンドシップキャンプスタッフブログ

特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のスタッフブログです。フレンドシップキャンプのこと、わんぱくKIDSのこと、その他NPOの活動のことなどを書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは! 今回は障がい者リーダーのぱおーんが、リーダートレーニングの様子をリポートしていきたいと思います。
今回のリーダートレーニング開始前の歌会では、前回告知することが出来ませんでしたが、何人かのリーダーが参加してくれましたので、小規模な歌会を行いました。


リーダートレーニングで最初に行ったことは歌唱指導です。
今回はぶっだとまっとが皆に曲を教えました。
曲目は「キャンプソングが好きだから」です
この曲はキャンプ最終日になるとよくうたわれるので、聞いていて懐かしく思いました。
IMG_2957.jpg
歌唱指導の様子


次にケースワークを行いました。
ケースワークというのは、キャンプ中にありそうなメンバー同士のトラブルや課題に出会ったとき、どのようにサポートして解決するかを考えるトレーニングです。

「正解は何か」を探すのではなく、まずは「何がよりよい関係を生み出していくのか」の視点を考えることが大切だそうです。

お題は
『クラフトをしていてまだ終わらない障がいメンバーがいた時について』です。
他の健常メンバーは作り終わってしまい暇そうにしています。
こんなとき、どうすれば皆で楽しむことができるでしょうか? 楽しむために、リーダーはどうすれば良いでしょうか。

各ユニットから出た意見としては

・リーダーもメンバーも、同じ立場で楽しいことは共有する。

・人にはそれぞれのペースがあるということを理解してもらう。

・健常メンバーが障がいメンバーを手伝ってあげると良い。

などがありました。


まとめの話では、ただ終わってしまったメンバーに終わってない子を手伝わせるのではなく、「友達として助けたいから手伝う」という関係が望ましいとのことでした。

自発的に他の子のお手伝いをすることが、
メンバーの楽しさに繋がることもあるんですね!
色んなケースがあると思いますが、様々な起こりうることをイメージしてキャンプに臨んでほしいとのことでした!(*´-`)

IMG_2958.jpg
ケースワークについて話し合ってる様子



危険予測トレーニング(KYT)では、
トイレから出てきたメンバーとリーダーがいます。それに対してトイレに入ろうとするメンバーとリーダー。
どのような危険があるか? について考えてみました。
各ユニットから出た意見としては、

・話に夢中で足元を見ていない。

・人同士でぶつかりそう。

など、周囲をあまり見ていないことによる危険についてが多かったように思います。
アシスタントユニットチーフのしみのまとめのお話では、
・トイレを出たあとのベルトの付け忘れ注意に注意してほしいということ、
・話に夢中になって周囲を見ていないこともあり、ものや人にぶつかって危ないので話しながらでも周りに注意してほしい

…とのことでした。

この、「話に夢中になって周囲への注意が向かなくなってしまう」というのはトイレに出た時に限りません。常日頃から、話に熱中してしまい道歩く人とぶつかったりしないように気を付けてほしいと思います。

IMG_2960.jpg
ピースユニットの予測する危険の可能性。こんなにあるんですね!

個別理解の時間では、家庭訪問を行った時の情報を各々必要なところで共有しました。

キャンプ中のプログラム立案については、前回よりも更に細かく突き詰めていきました。
どんなプログラムになるのか楽しみですね!

IMG_2959.jpg
プログラム立案について話し合っている様子

最後にほりえからお話がありました。

キャンプも間近になり、各々が着々と準備を進めています。とても楽しみですね!
次回のブログは7月26日(土)に行われるリーダートレーニングの様子をリポートします!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
スポンサーサイト
こんにちは!
今回は全体打ち合わせ会後のリーダートレーニングの様子を、障がい者リーダーのぱおーんがお伝えします!

お昼はユニットごとに仲良くご飯を食べました。
昼食時に食事介助のお話がありました。一人で食事をするのが難しい子もいるので、そのような子には横で座って食事のお手伝いをします。
そこで、座るときの位置に注意が必要です。
皆さんは、あーんさせてあげるとき、左右どちらに座ったら食べさせてあげやすいと思いますか?


正解は利き手側です(*´-`)
つまり右利きの人は、食べさせてあげる対象の右側に座り、左利きの人は左側に座るのです。

皆さんも誰かにあーんさせてあげるときには、参考にしてみてくださいね!(σ≧▽≦)σ


昼食後は、薬を飲ませてあげる練習を行いました。
練習の際には、錠剤の変わりにラムネを使用し、粉末状態の場合は 水に溶かします。
この粉薬を模したものは、小さな容器の中に入れて、スプーンでかき混ぜて作ります。
見ていて、駄菓子の「ねるねるねるね」のようだなと思いました。
食事介助の練習も兼ねて、出来たものを食べさせてあげます。


IMG_2949.jpg
粉末薬を模したものを、ねるねるしている様子

IMG_2950.jpg
ねるねるした薬を食べさせてあげている様子(*´∀`)はい、あーん♪

IMG_2951.jpg
上手に出来ました!(^o^)vピース

味は、とても酸っぱいそうです(。>д<)

次は全体打ち合わせ振り返りを行いました。各ユニットごとに、良かったことや反省点などをまとめました。
キャンプ前にメンバーとの関わりを持つ数少ない機会を活かして、よりキャンプのイメージが沸いたのではないでしょうか!


その次の危険予測トレーニング(KYT)では、雨の日に起こりうる危機はどんなものがあるか、について皆で考えました。
意見の中には溝にはまりそう、滑って転びそう等がありました。
私的には、足元が見づらいので溝にはまって転ぶのが一番怖いところですね。
皆さんはどのような危険があるかと思いますか?

是非コメント下さい!

IMG_2952.jpg
今回のお題図

IMG_2953.jpg
皆で考え、意見を出しあっている様子

そしてその次は個別理解です。
それぞれが、実際に会ってみた様子やレクを通じて得た印象等を共有しました。


その後はプログラム立案ということで、キャンプ中のプログラムを確認しました。キャンプも間近に迫っているので、皆真剣に取り組んでいました。

最後にほりえからの挨拶で締め括り、長い1日が終わりました。


リーダートレーニングが終わった後は、皆でお掃除をしました。使わせて頂いた会場にモップがけをして、ホコリや塵を残らず拭き取りました。
ぱおーんもモップ片手に会場内を、ぐるぐる回ってお掃除をしました。楽しかったです。
会場として、お借し頂いた学校への感謝を胸に、小竹向原を後にしました。

次回のブログは7月19日のリーダートレーニングの様子をリポートします。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

IMG_2828.jpg
モップをかけるぱおーん

-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
こんにちは!
今回のスタッフブログは、障がい者リーダーのゆっぴぃが、7月6日(日)に、
桐が丘特別支援学校で行われた、「全体打ち合わせ会」の様子とリーダートレーニング
についてお伝えします。

この日は、10時から桐が丘特別支援学校にて全体打ち合わせ会が行われました。

photo1_20140724213844aa8.jpg
準備の様子

10時が近づくと、少しずつ保護者と子供達が集まって来ました。
受付では久しぶりに再会したリーダーやスタッフと、子供達(メンバー)が楽しげに話し
ていました。初めて来る子供も、期待に目を輝かせていました。そんな子供達(メンバ
ー)をそれぞれのユニットへと案内していきました。私もメンバーとして参加していた
頃を思い出し、とても懐かしかったです。

まず、アシストプログラムチーフ、しみからの挨拶

その後は、みんなでアドベンチャーを歌いました。
途中で歌詞をウッカリ忘れてしまった、しみ。
でも歌詞がわからなくても、楽しい雰囲気で歌えたのでキャンプソングは素敵だなと思
いました。

photo2_20140724213845e7b.jpg
↑アドベンチャーを歌っている、しみ

続いて実行委員長のほりえから挨拶
子供達は本番のキャンプに期待を膨らませている様子でした。
保護者の方々は興味深そうに、ほりえの話に耳を傾けていました。

そして プログラムディレクターこぼしからの挨拶
本番まであと少し。リーダーとの距離を少しでも縮めましょう。体調管理もしっかり!
というお話でした。

その次はユニット紹介をしました!
各ユニット、ポーズをとったり、工夫して自己紹介をしてくれました。

サラダユニット→おいC たのC びたみんC!
photo3_20140724213847a32.jpg
↑サラダユニットのみんな

なななユニット→(`・ω・´)ゞなななー! 敬礼っぽいポーズ
photo4_20140724213849f5f.jpg
↑なななユニットがレクをしているところ

ピースユニット→v(´∀`*v)ピース (ポーズの元ネタがワンピースだそうです)

photo5_20140724213843223.jpg
↑ピースユニットのみんな

よりみちユニット→今後が楽しみです!

photo6_20140724214017284.jpg
↑よりみちユニットのみんな

その後は、ユニットごとに分かれてキャンプソングを歌ったり、自己紹介をしていまし
た。キャンプソング→なななユニットでは、キャンプだホイ(振り付けつき)や、ロック
マイソウル振り付けつき)を歌いました。皆、見よう見真似でやっており、とても楽し
んでおりました。
また、キャンプだホイを歌いながら爆弾ゲームを行いました。
ロックマイソールを歌うときは、歌詞の「ロック」の部分以外を歌うという遊びも行い
ました。ノーミスでした。
( ゜Д゜ノノ”☆パチパチパチパチ
ほかのグループでは、おちたおちたゲームアレンジ→拾った拾ったゲームもやっていた
ようです。

私は、子供達とリーダー達のキラキラと輝く笑顔を見て、すごくキャンプを楽しみにし
ているんだなと思いました。
以上、「全体打ち合わせ会」についてのレポートでした。

この後行われたリーダートレーニングについては、障がい者リーダーのぱおーんがお送
りします。お楽しみにしてください。


フレンドシップキャンプの次の予定は、
7月26日(土) 15時~18時 に 「第8回 リーダートレーニング」です。
本番キャンプ前最後のリーダートレーニングになります。
場所は、いつもの東京YMCA山手コミュニティーセンターです。


「第38回 フレンドシップキャンプ」(本番)は、
8月3日(日)~7(木) 東京YMCA山中湖センターにて実施します。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
こんにちは、第38回フレンドシップキャンプで、障がい者リーダーをつとめる ゆっぴぃ です。

今年のキャンプのコンセプトが、「自分を表現し、違いを認め、楽しさを追求する」ということで、
私が学生時代、FCに参加して、「自分を表現」できるようになった思い出を紹介したいと思います。

image (1)


私がFCのことを知ったのは中学生の時、同じ障がいを持った友達のお母さんに「親から少し離れて生活してみない」と言われ、
「今までに無いことに挑戦して、自分を変えたい!」
と決心し、FCへの参加を決めました。


最初は、親から離れて生活をするというのが想像できず、不安で仕方なかったことを覚えています。

キャンプ当日も、私が人見知りということもあり、なかなか自分から声がかけられず、バスの中で「やっぱり来なきゃよかった。早く帰りたい。」と思っていました。


バスの中での気持ちが、キャンプ3日目ぐらいまで続いてしまいました。
夜もベッドで泣いていました。

でも私を元気づけてくれようとして、リーダーや同じグループのメンバーのみんなは優しく声をかけてくれたり、遊びに誘ってくれました。

「リーダーにも心配や迷惑をかけてはいけない!自分から話しかけなきゃ!」という想いと、

「キャンプに参加して自分を変えようと思ったのに、このままだと意味がない!自分から距離を縮めなければ周りも壁を作ってしまうんだ。」
と心に変化が出てきました。

そして、キャンプのみんなと
キャンプソングを歌ったり、
ビッグカヌーを息を合わせて漕いだり、
野外調理で一緒に野菜を切ったり
自分たちで作ったご飯をたべたり、
笑ったりしていくうちに、

みんなと打ち解けることができ、キャンプが楽しくなってきました。


キャンプ終了後に思ったのは、キャンプの存在はすごく大きいんだなと実感したことです。

私はとても人見知りで、初めて会う人に自分から話しかけることなんて、当時はとてもできませんでした。

ですが、FCに参加して、
好きなリーダーの名前を友達と腕に書きあったり、
ミサンガを作ったり、
一緒に歌って笑って、
友達やリーダーに積極的に声を掛けていくうちに、
「自分を出す」という事の答えを見つけることができたように思います。

そして、FCが大好きになりました。

障がい者リーダーという制度ができて、障がいを持っていてもリーダーとして参加できることがとても嬉しいです。
障がいを持った人と持たない人が共に活躍することにより、色々な目線でキャンプを見ることができ、障がい者の活躍の場を広げられる。と思ったからです。

4泊5日という、短い期間ではありますが、健常者と障がい者という壁がなくなり、とてもステキな仲間と出会い、忘れられない思い出ができると思います。

自分を表現するというのも、色々な表現があり、個々に違いがあります。

新しいリーダーのみなさんも、毎年参加しているリーダーさんも、「自分を表現」して、子ども達も「自分を表現」できる夏にして、
その中で「違いを認、楽しさを追求」していきましょう。

ありがとうございました。


こんにちは!
今回のスタッフブログは、障がい者リーダーのゆっぴぃが、6月28日に山手コミュニティーセンターで行われた、第5回リーダートレーニングについてお伝えします。

この日も、14時から歌会ということでリーダーが何人来るのかなと、期待をしながら待っていました。
前回、歌会に来てくれたリーダー達が多く和やかな雰囲気でスタートしました。
歌会は、キャンプソングをユニット、グループ関係なくみんなで楽しく歌い、キャンプソングを知ってもらうことを目的に行ってます。

photo1_201407071144574a2.jpg


15時になったのでリーダートレーニングが始まりました。

まず、実行委員長のほりえから挨拶
その後、みんなでキャンプソング「ずんごろ節」を歌いました。
キャンプソングは私も大好きなのでいつも楽しみにしてます!

photo2_20140707114459d9a.jpg
↑キャンプソングを教えている、ぴんぽんとぺったー

続いて7月6日に行われる全体打ち合わせ会の説明
集合時間や持ち物などの説明がありました。
photo3_20140707114500509.jpg
↑説明をしている、プログラムチーフのあっくん

続いて健康管理
キャンプに参加する子供達の体調管理についてMS(メディカルスタッフ)のぼるとから説明がありました。

photo4_201407071145027bd.jpg
↑説明をしている、ぼると

続いて個別理解とレク練習
GL(グループリーダー)UL(ユニットリーダー)の2つに分かれて行いました。
個別理解では、実際にキャンプに来る子供達の情報を見て、記入用紙に書く練習を行いました。


photo5_20140707114503c62.jpg
↑記入をしている様子

レク練習では全体打ち合わせ会でやるレクを決めたり、実際にやってみたりしました。


photo6_201407071147055dd.jpg
↑落ちた落ちたゲームの練習をしている様子

最後にほりえからの挨拶

そして、今回の質問タイムコーナーは、プログラムディレクターのこぼしがお休みだったため、
プログラムスタッフのオバマがやってくれました。
質問の内容は、

Q 最近、見た映画は何ですか?

A.アナと雪の女王

でした。

次回のブログは7月6日(土)に行われた全体打ち合わせ会の様子をリポートします!
キャンプに参加する子供達と初めて顔を合わせました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。