NPOフレンドシップキャンプスタッフブログ

特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のスタッフブログです。フレンドシップキャンプのこと、わんぱくKIDSのこと、その他NPOの活動のことなどを書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!
NPO法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のぽん太です。

さて、毎年恒例になっている、

「フレンドシップキャンプ視察支援バスツアー」

を本年度も実施します!

参加対象は、
NPO関係者やボランティアスタッフ、OBスタッフ、保護者、またそのご家族や友人・知人です!

残席は8名。

「FCの雰囲気をひさしぶりに感じたい!」

とか、

「ひさしぶりにボランティアでも!」

どんな動機でもかまいません。

またこのバスツアーは原則日帰りですが、当日以後も残ってサポートできるよ!
という方も大歓迎です!ご相談ください!

ご興味のある方、参加ご希望の方は、
お早めに下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

たくさんのご参加お待ちしております!!


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

<第36回FC事業視察支援バスツアー概要>

日程:平成24年8月7日 (火)※キャンプ3日目

集合:新宿駅 西口 7:00 ※詳細お問い合わせください

解散:新宿駅又は東京駅22:00 (予定 ※渋滞状況による)

会費:12,000円 (参加料・バス代・昼食/夕食費込み)
   (※ 学生さん等向けに参加補助金制度があります)

残席:8名 

持ちもの:帽子・サングラス・タオル・着替え・濡れても良い靴
       日焼け止めクリーム等

支援内容:湖畔での監視・つりの手伝い・野外調理の手伝い
       車椅子の車輪拭き等・各種介助etc…

(問合せ先)
NPO法人 フレンドシップキャンプ事務局
E-mail:fc@central-e.co.jp

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


IMG_0850.jpg
▲ 今年はどんなFCになるのでしょ~か?


DSCF0350.jpg
▲ 山中湖と富士山がお待ちしています!


DSCF1368.jpg
▲ キャンプ場は自然にあふれています!


今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます!


-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
スポンサーサイト
みなさん、こんにちは!
久々に登場の嵐です!(NPOFCのお手伝いをしています。)
今回は、わたくし嵐が7月21日に行われたリーダートレーニングの様子を
紹介します。

でもその前に・・・ リーダートレーニングの前の様子を少しだけ紹介します。
介助練習の補習です!

DSC_4111.jpg



バスの乗り降りを想定しています。

DSC_4110 (2)



階段なども使って
本番さながらに・・・

DSC_4112 (2)


子どもたちを迎えるために、不安なことをひとつひとつ減らそうとしている、このよう
な地道な努力に感動でした!

リーダートレーニングの開始です。
まずは歌から!
かっぱとまっとのリードで、『陽のあたる道』を歌いました!

DSC_4113.jpg


続いては、プログラムディレクターのほりっくより、『安全』に関するレクチャーを受
けました。
内容は、「自分で判断する」、「危険の芽を事前に積む」といった基礎的な話から、「
ヒューマンエラー」といった少し専門的なことまで、さまざまでした。

2012072115150000.jpg


ほりっくの大切な話のあとは、ユニット会!
ただいま、『プログラム立案』の真っ最中!!!

2012072116190000.jpg


メンバーが小学生中心、きらきらユニットは、プログラムシートの作成に取り組んでい
ました。
また、ユニットの決めポーズも決まったようです☆

2012072117510000.jpg



ちなみに、ユニット名の由来は、『きらきら輝く楽しいユニットにしたいから』だそう
です!

メンバーが中学生中心、まつりユニットは、GL(グループリーダー)が考えたプログラ
ムを共有して、意見をもらっていました。
ちなみに、ユニット名の由来は、『グループ名の共通点が祭りだから』だそうです!

メンバーが高校生中心、SSユニットも、プログラム立案を頑張っていました。
ちなみに、ユニット名の由来は、『コンセプトを英語にしたら、頭文字がSSだったから
』だそうです。
(『探せ宝物、はじまりの夏』探す=search、夏=summer)

プログラムスタッフも、頑張っていました!


時計を見ると、終わりの時間!
記録を書いて、アナウンスをして終了しました。
お疲れ様でした。

DSC_4116.jpg


本番のキャンプが迫っています!
参加する、メンバー・リーダー・スタッフ・そして、ヘルパーの皆さんは、しっかりと
体調を整えてください!!
私も応援しています!!

DSC_4115.jpg

-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
みなさんこんにちは!
今回はわたくし、フレンドシップキャンプでプログラムスタッフをしております、池谷早緒理がお送りいたします。
キャンプネームは『まっと』です。以後お見知りおきを!


さてさて、今回もリーダートレーニングの様子をみなさんにお伝えしますよーっ


この日は天気予報の雨マークを無視して、いい感じの晴れ模様、いい感じのジメジメ具合で非常に暑かったですね。

さぁ、そんな中で始まった7月14日のリーダートレーニング。
今回の内容はこちらっっ!!

・キャンプソング
・ケースワーク
・ユニット会(現地トレーニング振り返り・プログラム立案)



・キャンプソング

やっぱりキャンプは歌!!
今日は珍しくカービィを中心にして歌を唄いました!
曲は、みんな大好き『ね』でした。
ちなみに、まっとは現地トレーニングが終わってからしばらく一人でもキャンプソングを唄ったりしてました(笑)



・安全管理のためのケースワーク

ケースワークと言うのは「こんな時どうする!?」を想定してどうするか考える時間です!
今回は「グラウンドで遊びたいけど他のグループも遊んでる、メンバーの安全を考えると、気を付けるべき!?」という内容でした!
リーダーさんたち、真剣に考えて沢山の意見を出していました!!
このケースワークにもとづいて、次週 プログラムディレクターほりっくより、「安全管理」のレクチャーを実施します。



・ユニット会

この時間からは、それぞれのユニットに別れて話し合いをします。
今回は現地トレーニングの振り返りとプログラム立案。

現地トレーニングの振り返りでは、どんなことをやったか、何に気づいたかなど、トレーニングで学んだことをキャンプで生かせるように
みんなでまとめていました!
やり方にユニットごとの色が出ていて、見ていてとても面白かったです!
(下の写真を参照してください!)


プログラム立案は、キャンプ中にどんなことをするのかを考える時間です。
グループリーダーさんと、ユニットリーダーさんに別れてユニットスタッフさん達と真剣に相談していました!

こんなに一生懸命考えられたプログラム、楽しくない訳がないですね!!
今年のFCに参加するみなさん、楽しみにしていてください(`・ω・)キリッ


そうこうしている内に、今日もあっという間に終わりの時間。
最後にお知らせやキャンプディレクターのゾフィからのありがたいお話で今日のリーダートレーニングは幕を閉じました。


さぁ、リーダートレーニングもキャンプ本番まで残すところあと3回!
リーダーのみなさん、スタッフのみなさん、本番に向けてラストスパート頑張りましょう!!


120714_151611.jpg
▲ レクチャーをきくリーダーたち 真剣ですねぇ


120714_153130.jpg
▲ キャンプ場の危険な場所を地図で確認しています


120714_160601.jpg
▲ 先週の現地宿泊トレーニングを振り返り☆SSユニットは模造紙に書き出しているようです


DSC_4076.jpg
▲ ユニット会中 本番のキャンプでのプログラムを話し合っています


DSC_4075.jpg
▲ ひさしぶりに来てくれたスタッフのえなり(左)と、笑顔のかっぱ(右)


DSC_4071.jpg
▲ 今回のブログ執筆担当のまっと
  いつもとは違うトレーニング会場なのでリーダーを誘導しました!

-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
こんにちは~
前回に引き続きぼっしーでーす!

今日は7月8日(日)、現地宿泊トレーニング(現トレ)2日目の様子をお送りいたします。

が!その前に。ユニットの紹介をしたいと思いまーす。パチパチパチ。
今回の第36回FCには3つのユニットがあります(是非下の集合写真をご覧くださいませ)。

まずは~
メンバーが小学生中心の、きらきらユニット!!
ユニットチーフ(UC)はふるーちぇ、アシスタントユニットチーフ(AUC)はびびあんです。

きらきら1
▲ 湖畔でピースがたくさん、きらきらユニット


そしてそして~
メンバーが中学生中心の、まつりユニット!!
UCはぱつこ、AUCはテリーとでにーずです。

まつり3
▲ 晴れた湖畔でお神輿ぽーずのまつりユニット


さらに~
メンバーが高校生中心の、SSユニット!!
UCは天然、AUCは私、ぼっしーでございます。

SS1
▲ 食堂前でユニットの定番決めポーズをするSSユニット



この3ユニットがキャンプでどんなユニットになっていくのでしょうか。
みんなちがってみんないい。そんな、金子みすゞの詩のようになるといいですね。絶対になると思います。


さてさて、現トレ2日目です!
山中湖の朝は早い!朝6時半には全員起床です!
いつももっと遅くまで寝ている人も、この日ばかりは早起きです。でも不思議なことにキャンプ中は、シャキッ☆と目が覚めるんですよね~
朝起きてすぐ外の空気を吸うと、爽快感抜群なのであります!

そしてFCでは毎朝の行事、「朝の集い」が行われました。
この日の旗揚げ担当は中学生ユニット!みんなの歌と共に黄色いFC旗をポールに揚げました~
その後、プログラムチーフのわかさからお話があった後、まっとによる「円盤体操」という陽気な体操と、ファンモンによる心に染みいるお話がありました。

SSユニットのリーダーたちは朝の集いの後、朝食の前に、バスでの乗降介助の練習がありました。メンバーを車いすからバスの座席まで、移乗する練習です。
他の2ユニットも午後にこの介助練習を行いました~

そして、ようやく待ちに待った朝食!
パンや、サラダや、お粥や、コーヒー、やっぱりおいしいですね。最高です。

宿泊していたキャビンに戻って、Duty(掃除で部屋をきれいにすること)をしたあとは、全ユニット野外調理です!

みんなで協力してテキパキとカレーを作りました。
お米や野菜を洗ったり切ったりして、薪を割って、かまどに火をおこして、という風に、炊飯&カレー作りを楽しんで行いました~
キャンプソングなんかも歌いつつね。

出来たカレーはどこのユニットのもおいしい!(と聞きました。笑)
一口においしいといってもスープカレーの様だったり、お米が硬めだったり…という風に作る人たちによって、特徴と味が違ってくる。そんな料理の奥深さをいつもカレーライスに教わっています。

さて、あっという間に閉村式。
普段は屋外で行いますが、この日は前日同様、天気があやしかったのでレク棟で行いました。
プログラムチーフわかさと、キャンプディレクターぞふぃのお話をもって、閉村式も終わってしまいました~

でも、バスの出発にはまだ時間があったので、大事なお話をユニットごとにしました。
それはキャンプ本番の5日間にあるプログラムの立案についてです。
どんなプログラムを本番でメンバーたちとしていくかは、主にリーダーたちが考えます。
そのプログラムの立案をこれから何週間かに渡って考えていくので、そのイントロをユニットスタッフが行ったわけですね。

そうこうしている間にバスの出発時間です。
帰りも、みんなであいうえお作文をしたり、「お察しします」という変な名前のレクリエーションをしたり…とわいわいしながら、バスに揺られて東京へ。
談合坂のSAで再び本番でのトイレ場所の確認をして、再出発すると渋滞にあってしまいましたが、どうにか明るいうちに高田馬場に到着いたしました~

と、こんな感じの2日目でした~
リーダーにっとって、スタッフにとっても非常に有意義な、学び、収穫の多い2日間の現トレだったのではないかと思います!

あとはこの2日間を経て、もうすぐそこに迫った本番に向けてみんなが十分な準備をするのみ!
みんなで一緒にがんばっていこー!


120715朝のきれいな富士山DSC_4016
▲ 湖畔から見る富士山は、いつ見てもスバラシイです!


120715朝の集いの旗揚げDSC_4018
▲ 一日のはじまりは、旗揚げから


SS2
▲ バスの前で謎のおそろいポーズのSSユニット


DSC_4024.jpg
▲ 食堂前にて華麗にポーズを決める、きらきらユニット


DSC_4019.jpg
▲ バスの乗降介助をしています。(SSユニット)


DSC_4025.jpg
▲ 野外調理で薪割りを頑張っています!


DSC_4030.jpg
▲ カレー上手くできたね!まつりユニット


-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------

こんにちは!

ブログ初登場のぼっしーです。おととしからこのキャンプに参加していて、36回フレンドシップキャンプではユニットスタッフという役割をやっております!
今回お送りいたしますのは、7月7日(土)、8日(日)の2日間に渡って行われた、山中湖での現地宿泊トレーニング(通称:現トレ)です!

毎年行われているこのトレーニングにはたくさんの目的があります。リーダーが、メンバーとともに過ごすキャンプ場を確認したり、メンバーの姿を想像しながらキャンプでの一日の流れをイメージしたり、キャンプ場で実際に介助練習を行ったり、仲間との結束を深めたりなど、それはそれはたくさんのものを得られるのが、この現トレなのであります!

それでは1日目 7月7日(土)の活動からご紹介しまーす


みんな早起きをして8時に高田馬場の山手YMCAに集合し、一路山中湖へ。
バスの中では、にわとりとのびたがマイクを握り、みんなをレクリエーションで楽しませてくれましたー
途中談合坂のサービスエリアでは、キャンプ本番でも使うトイレを見てまわりました。
バスの車窓から見える富士Qには目もくれず、なんだかんだいっているうちに山中湖に到着!
ただ、この日の山中湖は雨が降ったり、止んだり、晴れたり、とパッとしない天気。
そんな天気の様子をうかがいながら、ユニットごとに楽しく活動を始めました。

各ユニットで常に誰かが車いすに乗っている状態で、キャンプサイトをオリエンテーリングしたり、遊んだり、ビッグカヌーに乗ったり、歌を歌ったり、お風呂に入ったり…。介助練習もたくさんやりました~
霞がかった山中湖には富士山の姿がなく、この日は少し残念でしたね。
ちなみにぼっしーはSSユニット(メンバーが高校生中心のユニット)というユニットのリーダー達と、バナナ鬼ごっこという遊びを全力でやりました。どんな遊びか、教えてほしい人はコメントください(笑)。

それから夕食!いや~おいしかったね!今年からキッチンの方が変わったという噂でしたが、相変わらずおいしい!ぼっしーはキャンプでの最高の楽しみの一つがご飯なのであります。
夜が深まってキャンプサイトも暗くなると、キャンプファイヤーの時間です。みんなが炎の周りに集って、プログラムチーフわかさが中心になってキャンプソングを歌っていると…あれま。雨が降ってきました。
結局、近くのレク棟という建物に移動して過ごすことになりましたが、それにしてもとっさのみんなの機敏な動きが素晴らしかったです。なんだか困難をみんなで共有してる感じで、また結束が深まったような気がしました。

それからは各ユニットごとに、ディボーションという語り合いの時間を経て、夜のリーダー会を行って1日の動きを振りかえったり、次の日の注意点を聞いたりしました。

1日目はこんなところです!
2日目のブログもお楽しみに!
ぼっしーでした~


120707 DSC_3928
▲ 朝の集合場所でそれぞれにお話し中


DSC_3944.jpg
▲ ビッグカヌーの介助練習!


DSC_3955.jpg
▲ お風呂にて、介助のレクチャー受けてます!


SS4
▲ 晴れ間に浮かれるSSユニット


きらきら3
▲キラキラユニットのみんなでレクを考えています。


きらきら2
▲ みんなでかんがえたレクを発表しています。お題は“わかさ”


まつり1
▲ 霧の中、カヌーを進めるまつりユニット


DSC_4014.jpg
▲ 本番のキャンプの成功を祈っている?キャンプディレクター・ゾフィ


まつり2
▲ キャビンの中で楽しげな遊び


120707 DSC_3962
▲ おいしそー!晩ごはん!


120707 DSC_3977
▲ レク棟の中でキャンプファイヤーの続き。(もちろん火はないですけどね)


120707 DSC_3999
▲ 夜のリーダー会。みんな真剣な表情です。


DSC_3968.jpg
▲ 今回のブログ執筆者ぼっしー(左)とリーダーのホーム(右)


-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
こんにちは!
36thフレンドシップキャンプのスタッフをやっていますテリーです!
すっかりおなじみななってきました.今回はテリーが担当です.

7/1の全体打ち合わせ会の報告と前後してしまいますが,今回は6月30日に行われたリーダートレーニングのレポートですよ~.

6月30日,この日はぼっくりを中心に「あかさた夏の歌」を歌い,
トレーニングがスタートしました.

続いて,所信表明が終わっていないリーダーたちは所信表明を行いました.
この日も個性あふれる個人表明が行われていました.

そのあとは,のびたによる健康にかんするレクチャーがありました.
ここでは,実際に本番のキャンプで使用するシートを使って,記入の
練習を行いました.
だんだん本格的なトレーニングが始まり,キャンプが近づいてきている
ことを実感しますね!

健康に関するレクチャーが終わってからは,ユニットリーダー(UL)と
グループリーダー(GL)に分かれて,それぞれの活動を行いました.

GLさんは,メンバーの個別理解を行いました.実際にキャンプに行く
メンバーがどんな子なのかを知り,情報を整理しました.
限られた時間内に少しでも多くの情報を手に入れようと,みんな真剣に
取り組んでいました.すごい集中力です!!

一方,ULさんは翌日に控えた全体打ち合わせ会で行うレクの練習を
行いました.
各ユニット二人ずつ代表者を決め,全体打ち合わせ会で披露するレクの
練習を行いました.

そうこうしているうちに今日のリーダートレーニングも終わりの時間になりました.

本日も最後までお読み頂き,ありがとうございました.


歌唱指導
▲ ぼっくりが歌唱指導を行ってくれました


GL
▲ GLさんたちは個別理解中.真剣そのものです!!


ULレク指導
▲ ULさんたちはレクをやりかたの指導を受けてます


ULレク実践練習
▲ レクの指導を受けた後は実践練習!


-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------

こんにちは!
NPO法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のぽん太です。

・・・・・と、超おひさしぶりの登場です。
みなさまゴキゲンいかがですか?
私はすこぶるゲンキです。ハイ。

さて今回は、私から、先日行われた第36回フレンドシップキャンプの全体打ち合わせ会のレポートです☆


まず参加者のみなさまに、直前に時間が変更になりましたことをお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。

また、今年も会場の利用にご協力頂いた、筑波大学付属桐が丘特別支援学校さまに厚く御礼申し上げます。

全体打ち合わせ会は、本番のキャンプ前に、子どもたち・保護者・リーダーが一堂に会し、アイスブレイクと、当日の持ち物などの確認をする場面です。

顔をあわせるまでは、子どもたちもリーダーもドキドキです。
でも、この全体打ち合わせ会で、いっぱい話をしたり、レクリエーションをしたり、キャンプソングを歌ったり・・・と、することで、徐々に打ち解け、最後には、本番のキャンプが楽しみになります。

また、キャンプディレクターおよびユニットチーフから、保護者に対し、今年のフレンドシップキャンプのコンセプトについての説明がありました。
以下、少し長くなりますが、キャンプディレクターおよび各ユニットチーフから、コンセプトの概要の説明文が到着していますので、掲載いたします。
お時間のあるときにでも、ご一読ください。




■第36回フレンドシップキャンプに参加される、みなさまへ

ご挨拶
2012年7月
第36回フレンドシップキャンプ
キャンプディレクター 大野富巨
プログラムディレクター堀 雄二

第36回フレンドシップキャンプへのご参加を心より歓迎いたします。

東日本大震災は、自然に対して我々人類が如何に無力で矮小な存在であるかを改めて強く示しました。人間社会においても昨今の変様はまさに現在が変動の時でありこの世界が今後どのようになってゆくのか、小中高と三人の子を持つ親として不安を感じる時もあります。しかし、どの様な策を講じようとも想定外の状況となれば全ては無に帰します。「どんな状況でも生き抜く力」は、親の世代として子供たちに繋げるべきものの中で最重要なことです。
野外組織教育キャンプである第36回フレンドシップキャンプが、楽しい時間でありながらも参加者ひとりひとりの「どんな状況でも生き抜く力」を育む場になるよう尽力いたします。


第36回メインコンセプトは、「みんながいるよ わたしがいるよ」です。

お互いの差異を認識し、個を尊重しあうことにより仲間ができます。仲間内という集団において自分の役割をになう。それから一歩進んで、他に働きかける。自分の手にあまった時、後ろを振り返ると仲間がいる。みんなでやれば、よりうまく出来る。水面の波紋のように、みんな・わたし・みんなをくり返しながら、どんどんと輪が広がっていくイメージです。
みんながいるよ わたしがいるよ を合い言葉に、自然の中での様々な活動や仲間との友情、他の人とのふれあいを通じて、参加者全員の自助・自立・自発・自由の4つの自と利他の心が、より強く大きくなる様にフレンドシップキャンプを実施していきます。




■各ユニットのコンセプト

第36回フレンドシップキャンプでは、メインコンセプト「みんながいるよ わたしがいるよ」の他に各ユニットごとのサブコンセプトがあります。




●小学生ユニットコンセプト
~キライから大好きへ~


今年の小学生ユニットのコンセプトは「キライから大好きへ」です。キャンプでは普段とは全く違う環境での生活が待っています。ゲームやお菓子もありません。また、グループのみんなと一緒に行動する必要があります。そんな環境の中での小学生はひとりよがりの行動をしたり、輪に入ろうとしなかったりと、わがままになりがちです。しかし、そんな子どもたちが四日目のキャンプファイヤーの時間にはみんなと静かにお話を聞いていたりするのです。おそらく子どもたちの心の中には「みんなと一緒に大好きなキャンプを楽しみたい」という想いが芽生えるのでしょう。私たちはこの想いを大切にしたいと考え、わがままな一面を「キライ」、キャンプが大好きになるから自分勝手じゃいけないと感じる気持ちを「大好き」と表現し、コンセプトとしました。もちろん、キャンパーである子どもたちには、難しいことは考えずにキャンプを存分に楽しんでもらうことが一番です。けれど私たちには、楽しい思い出に加えキャンプを通して何か成長してくれたらいいなという願いがあります。その成長の部分を今回のコンセプトに込めました。




●中学生ユニットコンセプト
~やってみよう!なんかできるかも~


中学生ユニットのコンセプトを考えるにあたり、中学生のイメージを挙げ、そこから中学生が「みんながいるよ」「わたしがいるよ」を感じる時はどのような時だろうか、と議論し、このような中学生になって欲しいという願いを込めてコンセプトを決定しました(下画像参照)。

20120625中学生Uコンセプト





中学生といえば、何かをしたいと感じたり思ったりしても他人の目や評価を気にしてしまい、うまく自分を出せないというモヤモヤした気持ちを持っているのではないか、という考えを元に、このモヤモヤした気持ちを払拭し、自分の考えている事を自分の思うままに実行できるようになって欲しいと考えています。
ここに至るまでのプロセスとして、モヤモヤしている自分を肯定し、認めてくれる仲間ができ、そしてその仲間やリーダーからの「それでいいんだよ」という声掛けによって「何かできるかも」と感じて貰えるのではないかと考え、中学生ユニットのコンセプトを「やってみよう!なんかできるかも」に決定しました。
第36回フレンドシップキャンプに参加した全員が、「楽しかった」だけではなく、少しでも成長して帰ってもらえるようなキャンプを作っていきたいと考えています。




●高校生ユニットコンセプト
〜探せ宝もの、はじまりの夏〜


高校生メンバーは心の中に様々な思いや不安を抱えていると思います。将来のこと、友達との関係のこと、自分の性格のこと…。でもその気持ちを素直に伝えられる友達は限られているのではないでしょうか。仲の良い友達に対しても「これを伝えたら変だって思われるかな?」と思うことはよくあります。

今年のフレンドシップキャンプ全体のコンセプトは「みんながいるよ、わたしがいるよ」です。キャンプに参加する高校生にとって、「みんながいる」そして「わたしがいる」と感じるのはきっと、心に秘めた思いや不安を真摯に聞いて共感してくれる人がいたり、また逆に自分が友達の心にそっと寄り添ってあげられた時ではないでしょうか。

だからこそ、キャンプに参加してくれたメンバーには、心の中にある思いを素直に伝えて共感し合える仲間、という「宝もの」を、この夏みつけてほしいな、と私たちは思っています。そしてその仲間とのつながりからは必ず、「自分は自分のままでいいんだ」という自信や「もう少し自分も頑張ってみよう」という勇気が生まれることでしょう。そんな感情を胸に、今年の夏をステップにして成長してゆく高校生であってほしい。そんな思いでこのコンセプトがうまれました。




今年のフレンドシップキャンプはどのようなものになるでしょうか?

関わる人々にとって、最高のものとなりますように・・・。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます!(←これ書くのも本当にひさしぶりです・・笑)


DSC00201.jpg
▲ リーダー「ぶっだ」によるレクリエーション:ハンカチ拍手 見えづらくてスイマセン・・・


DSC00198.jpg
▲ 腕相撲中のようです


DSC00199.jpg
▲ 担ぐリーダー・担がれる子ども・・・


DSC00197.jpg
▲ プログラムディレクターの堀(ホリック from 東京YMCA)から保護者へ、キャンプ概要の説明


DSC00203.jpg
▲ ユニットにわかれた保護者会会場1


DSC00205.jpg
▲ ユニットにわかれた保護者会会場2


DSC00206.jpg
▲ みんなでキャンプソングをうたっています


DSC00200.jpg
▲ すっかりみんなうちとけた様子☆


DSC00213.jpg
▲ 終了後、キンチョーからとけたのか、寝ころぶリーダーたち

DSC00210.jpg
▲ 終了後、キンチョーからとけたのか、なぜかEXILEになるリーダーたち


DSC00193.jpg
▲ 「ぱつ子」ニッコリ放心中


DSC00215.jpg
▲ でもちゃんと振り返りもしている、マジメなリーダーたち


DSC00218.jpg
▲ 会場を変え、次の週末の現地トレーニングについて話す、さらにマジメなスタッフたち
  (お疲れ様でした☆)


-------------------------------------------------
NPO法人フレンドシップキャンプ事務局
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc☆central-e.co.jp(☆を@に変えてください!)
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
-------------------------------------------------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。