NPOフレンドシップキャンプスタッフブログ

特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のスタッフブログです。フレンドシップキャンプのこと、わんぱくKIDSのこと、その他NPOの活動のことなどを書きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!
特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)のぽん太です。

さて今日はつぶやきです。

私、日頃、街に空き缶が転がっていたり、駐輪場で自転車が倒れていたりしたら、
なるべく拾って捨てたり、直したりするようにしています。

これは別に偽善的なものではなく、また「地球環境のため」や「誰かのため」にやっているワケでもなく、
「自己修練のため」にやっています。

この修練のテーマは、
「見て見ぬフリをしない」です。

どういうことかというと、
これぐらいの小さなことを普段から意識してやっていないと、
本当に困っている人や状況に出会った時に、勇気を持って最初の1歩が踏み出せないと思うからです。

そして、私自身がそういう1歩を踏み出せる人でありたいと願っているので、
「自己修練のため」にやっているというわけです。

もしかすると私だけかもしれませんが、結局どこか「自分のため」だと思えないと、
なかなか行動することができません。

でも、
「自分のため」が結果として「誰かのため」になる。
「誰かのため」が「自分のため」になる。

そんな表裏一体な関係なのかなと思っています。

なぜ今回こんなつぶやきをしたかというと、
先日行った「スプリングトレーニングキャンプ(STC)」の帰りの出来事です。

その時、私は数名のリーダーと一緒に無事にキャンプを終えて電車に乗っていました。

電車は空いていましたし、私も含め、みんな疲れてもいたので、全員が席に座っていました。
そして私は隣に座っていた「ダヴ」というリーダーとくだらないことをあーだこーだと話していました。

都心に近づくにつれ、いつの間にか席も埋まってきていました。

その時!

どこかの駅についてドアが空いた瞬間、、
隣の「ダヴ」がパッと腰を浮かせました。

なんだろうと思って、見てみると、小さなお子さんを抱いたお母さんが入ってきたのです。

結局、そのお母さんは私たちとは離れた反対側の席に空席をみつけ、そちらに座ったのですが、
私はその「ダヴ」の行動にとても感銘を受けただけでなく、負けた・・・と思いました。

「ダヴ」はキャンプを終え、疲れているときに、私が繰り出すくだらない話に付き合っていながらにも関わらず、「常に周りにアンテナをむけている」ということ・・・。

しかもそのアンテナが「子どもも抱いた人が乗ってきた」という情報を受信した瞬間に、
「腰を浮かす」という行動にでたこと・・・。

日頃修練していたハズなのに、私にはそれができませんでした。。
恥ずかしくて、「ダヴ」本人には言っていませんが、それが若くしてできるリーダーに「感動」&「くやしーー!」キモチでいっぱいです。

・・・というようなことがあったわけです。

「ダヴ」は現在、看護師になるために勉強をしているリーダーです。
きっとスバラシイ看護師さんになることでしょうね!

と、今日、そんなことを考えながら、街を歩いていたら、
強風にあおられ、ゴミとして飛ばされたコンビニのものらしきビニール袋が、私の足もとにやってきました。

も、、、もちろん拾いましたが(笑)

足元に来た瞬間、

「めんどくさいな~どうしよーかなー」

と思ってしましました(^冊^;


まだまだ修練が必要なようです。


ビニール袋と自己修練

▲ 葛藤ののち、なんとか、ビニちゃんをゴミ箱へ捨てることができました (苦笑)


追記>
いよいよそろそろ「特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ」の活動もハイシーズンに
なってまいりましたので、当ブログは次回からは月・水・金の週3回更新でいくことを方向で検討しています!
これからもNPOフレンドシップキャンプ&当ブログを宜しくお願い致します!


-------------------------------------------------
特定非営利活動法人フレンドシップキャンプ(NPO・FC)
URL:http://www.npo-fc.or.jp/
MAIL:fc@central-e.co.jp
BLOG:http://npofc.blog33.fc2.com/
キャンプインストラクター
フレンドシップキャンプスタッフ:ぽん太
-------------------------------------------------
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。